注文住宅と建売住宅の違いとは?

戸建の家を購入する際、よく耳にするのが【注文住宅】【建売住宅】

皆様はこの二つの違いをご存知でしょうか?

まず初めに戸建を検討する上での戸建のメリット・デメリットを簡単にご紹介させて頂きます!


メリット ・土地が資産になり残すことができる。
・リフォーム・建て替えができる。
・庭があれば自由に活用できる。
・駐車場があれば駐車場代がかからない。
・管理費・駐車場代などの固定費が購入後かからない。
デメリット ・庭など外回りの手入れが大変なことがある。
・近隣への配慮が必要なことがある。
・駅近の物件が少ないことが多い。
・維持管理・リフォームなどで出費があることがある。


以上、簡単にではございますが、住宅購入のメリット・デメリットです。

続いて、【注文住宅】【建売住宅】の違いをご説明させていただきます。

注文住宅とは 希望のエリアなどで土地を探し、建築会社や建築士にどんな家を建てたいか設計を依頼する。建築工事請負契約を結んで建てる家のこと。

また、土地探しの際に「建築条件付き」という土地が」あります。建築条件のない土地に家を建てる場合、自分たちの希望に沿った施工会社に依頼できますが、建築条件付き土地の場合は、施工会社があらかじめ指定されます。


【メリット】
・こだわりを持った家を建築できる。
・予算に合わせてコスト調整ができる。
建売住宅とは 建売住宅は、住宅の売主(一般的に不動産会社)と契約して、土地とセットで建物を購入する形式となります。建物がすでに建っている場合もあれば、これから建てる場合もあります。

【メリット】
・土地+建物の値段が決まっていてわかりやすい。
・実際にみて、間取り仕様が確かめられる。
・手続きがスムーズ。
・完成済みの物件であれば契約後すぐに入居できる。


以上が、注文住宅と建売住宅の違いになります!!

一生に一度の大きな買い物になる住宅購入ですので、
こだわりを持って世界に一つだけの家を設計できる【注文住宅】か、
既に完成している家を実際に内見して住むイメージが付きやすい家を選べる【建売住宅】か。


どちらもメリット・デメリットは伴いますが、弊社グループ会社では、
お客様の予算要望に合わせた【注文住宅】のご提案、
コンセプトを用いた他にはない【建売住宅】をご用意しておりますので、
ぜひ一度ご来店・ご見学をお待ちしています(^-^)